お知らせ


妊娠初期、まだ何かを心配?

2020.8.17 news

妊娠初期の場合(12週未満)まだ心配なのは、子宮外妊娠の確率は2%、流産率には10~20%があります。 したがって、妊娠5週間頃で血液検査をし、HCG(絨毛膜刺激性腺ホルモン)数値が1500を超えれば、経膣超音波検査を通じて子宮内胎嚢を観察して、子宮外妊娠や多胎妊娠の有無を確認します。
妊娠初期の流産率は妊婦の年齢と共に増加、35歳未満では約10%で、40歳でおよそ50%近くが流産してしまいます。ただし、妊娠6週目にエコーで胎児の心拍があることが示されている場合、流産率は5%に低下し、8週目にまだ心拍は3%に低下し、9週目にまだ心拍は2%に低下し、12週目に胎児が引き続き成長してる場合、流産率はわずか0.5%。
したがって、台湾の慣習であり、妊娠12週になったら(安定期)、みんなに「良い知らせ」を報告することができます。